ルテインを多く含む食品

ルテインを多く含む食品

ルテインを多く含む食品

ルテインを多く含む食品

 

ルテインはカロテノイドの一種です。
なので、食品の中では緑黄色野菜に多く含まれています。

 

ホウレンソウ、ケール、かぼちゃ、いんげん、ブロッコリーなどです。

 

食品に入っているルテインは、油と一緒に摂取すると、栄養の吸収量が上がるので、
炒め物や揚げ物などにするのが効果的です。

 

ホウレンソウを食べるなら、お浸しよりも、ソテーにして、
かぼちゃを食べるなら、煮物よりもてんぷらにするほうが、
ルテインの吸収という点からみると、効果的なのです。

 

ルテインを効率良く取る方法

 

しかし、ここで困るのが、カロリーの取りすぎです。確かにルテインを食品から効率的に取りたいですが、元々、野菜はカロリーが低いのが良いところです。

 

それをあえてカロリーの高い調理法にしないといけないのは、ダイエットと言う点からみて、あまりやりたくない方もいるでしょう。食べ物から摂取するカロリーを抑えたい方もいるはずです。

 

また、普段の生活が忙しくて、食品にまで気を使えない方もいるでしょう。

 

そんな方は、食べ物だけからでは、十分なルテインを摂取できない可能性もあります。

 

ルテインを摂取するのが目的のサプリメントもあるので、
検討してみてはいかがでしょうか。


ルテインは年齢とともに不足する

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれます。
普段、野菜をたくさん取るように心がけている方でも不足しがちな緑黄色野菜。

 

この、緑黄色野菜の必要量は、加齢とともに不足しがちになることをご存知ですか?
特に40代からはその量ががくんと減少します。

 

それとともに、体内に元々あるルテインの量もどんどん減少してしまっているのです。
だから、年齢とともに、目の疲れを感じる方が増えるのかもしれません。

 

加齢だけでなく、偏食や喫煙によっても不足してしまいます。

 

もともと1日に必要なルテインの量は6〜10mgとされています。
しかし、欧米化が進んだ今の日本では、緑黄色野菜をとる機会が少なくなっています。

 

コンビニ弁当や外食では、ルテインを取ることは不可能です。

 

また、近年良く言われているのが、土壌が痩せてしまっていることで、野菜事態の栄養分が昔の野菜と比べるとかなり減ってきているというもの気になります。

 

なのでルテインが不足していると感じてる方は、サプリメントの摂取もおすすめです。


国産ルテインサプリメントランキング

ルテインに関しては、アメリカから輸入しているサプリメントが多いですが、やはり国産がいいという方のほうが多いでしょう。

そこで、国産ルテインサプリメントでおすすめのものを探しました。
それがこちらです。



こちらのルテインサプリメントは、機能性表示食品の届け出をしています。

やわたという会社が製造しています。

ルテインの量は20mgで、これは国産のサプリメントの中では断トツで多いです。。


ルテインサプリメントで効果的に目のための対策をしましょう。



⇒機能性表示商品 ルテインサプリ めばえがお得に買えるのはこちら!




このサプリメントは、ルテインとビルベリーを配合しています。

こちらに含まれている特許型ビルベリーとルテインを一緒に取ると、吸収力が179%もアップすると言われています。 両方の成分が欲しい方はこちらを試してみると良いですね。


⇒ビルベリー&ルテイン配合サプリ【めなり】

関連ページ

ブルーベリーが目に効果なし?さらに良い成分はルテイン
ブルーベリーが実は目に効果がないとある研究機関により、発表されました。目のために選ぶのなら、ブルーベリーよりもルテインだと言われています。
ルテインが目に効果なしというウワサ
ルテインが目に効果なしというウワサが出回っていますね。 本当に、ルテインが目に効果がないのか、実はあるのかそれを調べました。
国産ルテインサプリメントのおすすめ
ルテインサプリメントは、目に良い効果があると言われていますが、なかなか、ルテインをたっぷり含んだサプリを見つけるのは難しいです。そこで、日本のメーカーの中からおすすめのルテインサプリメントを探しました。
ルテインサプリメントの副作用
ルテインサプリメントは目に良いと言われていますが、副作用はあるのか、無いのか、気になります。ルテインサプリメントでどんな副作用が起こるのか調べました。
ルテインサプリメントを通販で買う時にイチオシの会社
ルテインサプリメントを通販で買う時にチェックすべきポイントがあります。私の母も、ルテインサプリを買う時に、この方法でチェックしました。

ホーム RSS購読 サイトマップ